花粉の時期 2012年

 

sugikafun2011_01yoko

 

花粉の飛散は例年並みですが、多かった昨年より少なめと言う予想です。花粉症歴30年の私の感覚では、今は異常なくらい順調なので、暖かくなる3月上旬から急激に増えるのではと、、、

一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:松尾道彦)は、2011年12月7日(水)に全国・都道府県別の2012年春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)飛散予測(第2報)を発表します。また、詳細な情報を「2012年春の花粉総飛散数 予測資料」として販売します。この予測は、今後の花芽調査などのデータを基に内容を更新する予定です。今後も日本気象協会の花粉予測に注目いただき、来春の花粉対策に向け、お役立てください。
1. 予測の概況

①飛散開始時期予測

2012年春のスギ花粉は、2月中旬に四国・東海・関東地方から飛び始めるでしょう。例年の飛散開始時期に比べると、同じか遅い見込みです。
2012年1月から2月は冬型気圧配置の日が続き、西日本と東日本の気温は平年並か平年より低いでしょう。東北地方の気温は平年並か平年より高い見込みです。このため、スギ花粉の飛び始める時期は、西日本と東日本は例年と同じか遅く2月中旬から下旬の見込みです。東北地方は例年と概ね同じで2月下旬に飛び始める所があるでしょう。

②飛散量予測の全国概況

2012年春のスギ・ヒノキ(北海道はシラカバ)花粉の飛散量は、九州・四国地方は例年よりやや少ないでしょう。中国・近畿地方から北海道は概ね例年並で、東北地方の太平洋側は例年より多い所があるでしょう。  
2011年の夏は、6~7月の気温は平年より高くなりましたが8月の気温は平年並になりました。降水量は、九州・四国地方は平年より多く、その他は平年並か少なく東北地方の太平洋側はかなり少なくなりました。このため、2012年春の花粉の飛散量は九州・四国地方は例年よりやや少なく、その他は概ね例年並、東北地方の太平洋側は例年より多い所があるでしょう。花粉の飛散量が多かった2011年の春に比べると少なく、30~70%の所が多い見込みです。

kafun_toburyou_yoko[1]

 

花粉対策には茶業研究所の成果、べにふうきもお勧めです

Posted in 未分類 | Leave a comment

明治R1ヨーグルトのインフルエンザに対する効果

 

明治R1ヨーグルトがインフルエンザによいと大評判です。

しかし、免疫力を向上させるのは明治R1だけではありません。

古くから免疫力向上を研究されてきた乳酸菌の効果はかなり確かな物です。

中でも医者がすすめる乳酸菌は、生活習慣病と予防医学を考える会で開発された乳酸菌サプリメントです。

1粒で100gのヨーグルトのなんと200倍の乳酸菌量

試して見ませんか?

時々ポイント10倍をやっているのでチャンスです。

Posted in 乳酸菌の効果, 色々な乳酸菌サプリメント | Tagged | Leave a comment

ビフィズス菌を使った乳酸菌サプリ

糖を分解して乳酸の他に、酢酸を作る乳酸菌です。最初は赤ちゃんのうんちから発見されました。善玉菌として腸内の環境を整えるほか、花粉症などアレルギー症状の緩和にも貢献していることが分かってきています。

引用元: ビフィズス菌 – Wikipedia.

ビフィズス菌を利用しているサプリメントはとてもたくさんありますが、有名なところを紹介すると次のような物があります。

  • ラックビー微粒 ビオフェルミン錠剤(ビオフェルミン製薬)
    ビヒダス(森永乳業)
    ビフィア(ヤクルト本社)
    ビフィーナ(森下仁丹)
    ビフィーネ(ヤクルト本社)
    BF-1(ヤクルト本社)
    ミルミル(ヤクルト本社)
    ビフィズス菌HD(森下仁丹)
    ラッパ胃腸薬(大幸薬品)
    ナチュレ恵(日本ミルクコミュニティ)
    オーダーメイドビフィズス菌「BifiDio」(ポジティブライフ)
    生きてる酵母(日健協サービス)
    おなかで増えるLKM512(【協同乳業】)
Posted in 未分類 | Leave a comment

乳酸菌とはなんだ?

乳酸菌(にゅうさんきん)は、代謝により乳酸を生成する細菌類の非学術的な総称。ヨーグルト、乳酸菌飲料、漬け物など食品の発酵に寄与する。一部の乳酸菌は腸などの消化管(腸内細菌)や膣の内に常在して、他の病原微生物から生体を守り、恒常性維持に役立っていると考えられている

引用元: 乳酸菌 – Wikipedia.

乳酸菌は簡単に言うと、食品を酸っぱくする菌で実際には色々な種類があるぞ。と言う事ですね。

その乳酸菌の主な種類を紹介すると6種類ほどあります。

ラクトバシラス属 (Lactobacillus)
ヨーグルトの製造に古くから用いられています。

ビフィドバクテリウム属
母乳で育っている赤ちゃんのお腹の中にある菌です。

エンテロコッカス属
整腸薬として使われる菌が多です。乳酸菌のサプリにもとてもよく使われています。

ラクトコッカス属牛
乳や乳製品に多く見られ、これらを原料とした発酵乳製品に用いられています。

ペディオコッカス属
ピクルスなどの発酵植物製品から分離されることが多い

リューコノストック属
ザワークラウトなどの発酵植物製品から分離される。ワインのマロラクティック発酵にも役だっています。

この中でどの菌が、どのような効果を体に与えるか研究が続いていますがとても種類が多く、ごく一部の菌の作用が次第に明らかになってきていると言う状況です。

そんな中でどのような乳酸菌サプリメントを使うのがよいかを考えて行きたいと思います

Posted in 乳酸菌とは? | Leave a comment

Fonte Snow White(フォンテ スノーホワイト)発売開始

コラーゲンドリンク、フォンテスノウホワイト

開発に2年をかけた美容ドリンクFonte Snow Whiteがいよいよ発売開始されます。

薬剤師チームと製薬会社チームが協力し、13成分+新成分(カラハリスイカエキス)を研究を重ねバランスよく配合した美容ドリンクです。

効かなくなった肌を蘇らせる

化粧品では補うことができない、美容とエイジングケアのための成分を体の中から補う。インサイドビューティー(内的美学)を基本コンセプトに、肌に必要な成分、抗酸化成分、血流改善成分をたっぷりとバランスよく配合しています。

 

味はアセロラピーチ味で、癖のあるコラーゲン臭を抑え飲みやすく仕上げています。さらに、天然成分を基本に配合していますので、く安心して続けることが出来ます。

ここが違うフォンテスノーホワイト

例えば、コラーゲンですが、分子量や製造工程によって、いわゆるコラーゲン臭が強くなりなれない方には以外に飲みにくい物です。この臭いはコラーゲン精製過程で発生する色々なアミノ酸の臭い、あるいは原材料の持つ臭いです。フォンテスノーホワイトで利用しているコラーゲンはそうした細かい点にまで注意を払っています。

 

主な成分

フィッシュコラーゲンペプチド(低分子構造)5000mg

カラハリスイカ 1000mg

L-シトルリン 200mg

他アスタキサンチン、マリンプラセンタ、ヒアルロン酸、ヒハツエキス、アセロラパウダー、オリーブ果実抽出物、

エラスチン、セラミド、ビタミンC、ビタミンB6、ドライトマトなど。

13種類+1成分、合計14の有効成分

発売元フォンテ

今なら楽天でフォンテ スノーホワイトのレビューを書くと図書券がもらえます

Posted in 新商品紹介 | Tagged | Leave a comment